リスティング広告



リスティング広告

低コストですぐに開始でき、効果測定ができるリスティング広告の運用を通して、コンバージ
ョン数増加のご支援をいたします。

リスティング広告サービスの内容

●リスティング広告とSEOの違い
リスティング(キーワード)広告とSEOの違い
ですが、リスティング広告は別名「PPC(pay p
er click)広告」、「キーワード広告」などと呼ばれ
、検索結果の上部もしくは右に表示される広告で
、SEOは1~10位までの検索結果でできるだけ
上位に表示させるための施策のことです。

リスティング広告のメリット
テレビ・新聞・ラジオ・雑誌の4媒体の広告費シェアが減少を続けるのに対し、インターネッ
ト広告のシェアは毎年増加を続けています。
インターネット広告の中でも著しい伸びを示すのがリスティング広告ですが、注目される理由
はいくつかあります。

・即効性
・低コスト
・効果測定

●即効性
アカウントを開設し、キーワード、広告文、広告のリンク先ページを決めて設定してしまえば、
すぐに広告を出稿する事ができます。売っていきたい商品・サービス等の広告を、インターネ
ットで検索をしているユーザーに対して、即座に出す事が出来ます。
また新しい商品をリリースし、その広告用にページを作ったとなったら、またすぐにキーワー
ド、広告文とそのページを管理画面から設定し、広告としてすぐに出していく事が出来ます。
こういった広告を出稿するまでの「早さ」というのは、他の広告媒体ではなかなか実現する事
ができないものです。

●低コスト
リスティング広告を始めようと思ったら最低いくらかかるのか答えは0円です。
正確にはGoogleAdWordsの場合は500円、Yahoo!プロモーション広告は無料でアカウントの
開設が可能です。そしてキーワードにおける広告掲載も1クリック数円単位から開始できるので
導入障壁が極めて低い広告と言えます。
こういった特徴から中小企業に非常に喜ばれていたり、個人経営の商店やクリニックなどでも気
軽に始められる料金なので、リスティング広告をうまく使ってお客様を店舗に誘導することはお
すすめ集客手法です。

●効果測定
リスティングの効果測定はリスティングのアカウント管理画面ですべて管理できます。
表示回数やクリック数、コンバージョン数やコンバージョン率など、費用対効果を見る上で必
要な指標は全て数値化され管理画面上でみることができるのです。
効果測定を定期的に行うことで、コンバージョンが取れていないキーワードは出稿を止め、逆
にコンバージョンの多くとれているキーワードにその分を投資するなど、ROI(投資対効果)
を高めていく取り組みが比較的容易にできます。

デメリット
ここまでメリットを記載してきましたが、逆にデメリットもあります。

・低コストでも運用できるとは言え、出稿している期間はずっとコス
  トが発生する
・運用方法が難しく、継続して成果を上げ続けることが難しい
・無効クリック(顧客になりえないユーザーのクリック)が発生する

特に「リスティング広告の運用」には悩まれている方が多いようです。

リスティング広告の運用は、以下2つの方法があります。


    ・自社でアカウントを開設して広告を出稿する
    ・運用を行ってくれる会社(運用代理店)に依頼する


リスティング広告を継続して運用し成果を上げ続けるためには、ある一定レベル以上の運用
ノウハウが求められます。

webconsultant-contact--banner